TOP > 演出グッズ一覧 > シャボン玉連続発生器 > 取り扱い方法
シャボン玉連続発生器 JET-BUBBLE DC 取り扱い方法

ご使用方法

フタの開け方
本体下部にあるツマミをゆるめてください。フタを開ける時は、ゆっくりと上に上げ、その後モーター側に傾け、写真右の様に置いて下さい。操作がしやすくモーターのコードを引っ張らず断線などの故障を防ぎます。
本体内シャボン玉液容器のセット方法
容器は写真右のようにセットして下さい。
電池のセット方法
電池をセットする時は写真左のようにフタを立てるとセットが容易です。電池は(+)(-)を間違わないようにセットして下さい。 1~2本間違ってもモーターは作動しますが、パワー不足のためシャボン玉は発生しません。 モーター速度が遅かったり動かない場合は電池が確実にセットされていないか容量不足です。再度セットしなおすか、新しい電池と交換して下さい。 (電池は新しい物と古い物を混ぜて使用しないで下さい。)
(新しい電池での連続稼動時間は約1時間です。)--シャボン玉液は約20分毎に補充が必要です。
シャボン玉液の入れ方
シャボン玉液を入れるときは保存容器から直接入れず、一度付属の計量カップに500ml入れ、一杯だけ機械にセットして下さい。 長時間連続でご使用の場合、機械を一度停止してからフタを開け液がこぼれないよう確認しながら補充してください。
試運転の仕方
シャボン玉発生部のモーターに付いている凸型プラグを本体内部凹型プラグに差込みます。 シャボン玉液を発生部分に馴染ませるためフタを開けた状態でスイッチを入れ1分程度回転させてください。 その後フタをして再度スイッチを入れ運転し、シャボン玉が発生するか確認をしてから本番にご使用下さい。
フタのセットについて
フタは写真右の様にツマミまで確実にセットして下さい。フタが浮いているとシャボン玉は発生しません。 また、ツマミは確実に締めて下さい。持ち運ぶ時底が落ち、足などにケガをする危険があります。
ご注意事項
回転部分に指等を入れないで下さい。ケガをする恐れが有りますのでご注意下さい。
間違ってシャボン玉液を飲んだ場合水などを飲ませるなどの処置の上、医師の診断をお受け下さい。
庭で使用をする場合芝生や植木の側では長時間使用しないで下さい。シャボン玉液が付着し枯れる恐れが有ります。
シャボン玉液が入っている状態で移動する場合水平の状態で移動して下さい。傾けるとシャボン玉液が床にこぼれ危険です。
本体の汚れはガラスクリーナーなどでお拭き下さい。
モーター・ファン・差込プラグなどに水をかけないで下さい。錆び付き故障の原因になります。
本体上部のシャボン玉吹き出し口に物を置かないで下さい。
大理石・フローリングなど滑りやすい凹凸の無い床面では長時間使用しないで下さい。すべる恐れがあり危険です。
ハンドクリーム・油など付いた指でシャボン玉発生部分に触れないで下さい。成分の影響でシャボン玉が発生しなくなる可能性が有ります。
その他、ご不明の点がございましたらお気軽に当社へご連絡下さい。

ご使用後は…

フタの開け方
本体下部にあるツマミをゆるめてください。フタを開ける時は、ゆっくりと上に上げ、その後モーター側に傾け、写真右の 様に置いて下さい。操作がしやすくモーターのコードを引っ張らず断線などの故障を防ぎます。
シャボン玉液の保存 容器への戻し方
シャボン玉発生部分のモーターに付いている凸型プラグを本体内部の凹型プラグから抜いて下さい。 シャボン玉液は一度計量カップに移してから、保存容器に戻してください。 シャボン玉液の粘性が高いため直接保存容器に戻すと大量のシャボン玉がこぼれます。 また、この作業をする場合は下に雑巾などを引いて作業をすることをお薦めします。
本体の保管について
本体を保管する時は、電池を全て電池ケースから抜いて下さい。 写真(左から2番目)のようにフタを開けた状態で数日放置し乾燥させて下さい。 乾燥後ダンボールに入れる場合は、本体下部のツマミを確実に締めて下さい。 ダンボールに保管する場合、緩衝材など巻かずに保管して下さい。 緩衝材などで巻いて密閉すると、湿気でモーターギヤなどが錆びる恐れが有ります。

故障かな?と思ったら

モーター・ファンが動かない。
・電池はセットされていますか?
・電池の(+)(-)の向きは間違いありませんか?
・電池のパワーは落ちていませんか?新品を使っていますか?
以上の点をチェックしても動かない場合は、断線している可能性があります。弊社へご連絡下さい。
ファンは動いているが羽根が回転しない。
*モーターが動かず羽根が回転しない場合
・シャボン玉モーター部分のプラグは抜けていませんか?
以上の点をチェックしても回転しない場合は、モーター内部が錆びているか断線している可能性があります。弊社へご連絡下さい。
*モーター自体は動いているが羽根が回転しない場合
シャフトと羽根の固定ネジがゆるんでいる可能性が有ります。下記の作業して下さい。
振動などによりモーター及び羽根とシャフトの固定ネジがゆるみます。
付属の六角棒スパナでゆるめにお締め下さい。
モーター・ファンは動いているがシャボン玉が発生しない。
・シャボン玉発生部分のセット方向は間違っていませんか?
・フタは浮いていませんか?
・電池のパワーは不足していませんか?新品を使っていますか?
羽根の発生部分のバネが回ってしまった。
スイッチを切った状態で、指で元の位置に戻して下さい。ゆるみすぎた場合、瞬間接着剤で固定して下さい。
出来ない場合は当社へご連絡下さい。

ご連絡ご注文・お問い合わせはこちらまで♪

ファーストシーン 株式会社

〒561-0801 大阪府豊中市曽根西町4-5-23

Tel 06-6846-3987  Fax 06-6846-5200

URL http://www.f-scene.com/  E-Mail info@f-scene.com

copyright © 2003-2017 ファーストシーン(株) All Rights Reserved.