TOP > シンデレラストーリー一覧 > キリスト教式の進行例

キリスト教式の進行例

  1. 牧師様より結婚式の開会宣言
    「只今より、新郎○○様と新婦○○様の結婚式をとりおこないます。」
  2. ドアが閉まっている状態で、司会者様よりコメント

    【A】お父様がクラウンをプレゼントする場合

    「只今より、新婦様はお父様のエスコートでご入場でございますが、お嬢様の花嫁姿をお父様の手で完成させていただきます。ご入場の際、幸せになって欲しい。」と言う気持ちを込めて、お父様が光輝くクラウンをお嬢様の頭上につけ、ベールをかけ、花嫁姿を完成していただきます。」

    【B】お父様にサプライズで行う場合

    「只今より、新婦様はお父様のエスコートでご入場でございますが、今日、○○様(新婦様お名前)は、お父様におねだりをしました。それは、ご自身の花嫁姿をお父様の手で完成させて欲しいと言う事でございます。ご入場の際、お父様に幸せに光輝くクラウンを、お嬢様につけ、ベールをかけ花嫁姿を完成させていただきます。」

  3. 牧師様より入場のご案内

    「では、新婦が入場いたしますので、皆様ご起立して、ご注目下さい。」

    「新婦、入場!」

  4. 賛美歌とともにドアが開き、新婦とお父様が入場 ドアの内側に入り皆様に一礼 歩かずストップしている状態で、司会者様よりお父様又はお嬢様の代弁で

    【A】お父様がクラウンをプレゼントする場合

    「○○(新婦様お名前)、とうとうこの時が来たんだね。お父さんもお母さんも、お前が私たちの娘で本当に良かったと 思っているよ。お前は、今まで幸せだったかい。 今日から○○君(新郎様お名前)と2人で幸せな家庭を築いて いって欲しいと、お父さんもお母さんも願っています。 そんな願いを込めて、クラウンをお前にプレゼントすることにしたんだよ。」

    【B】お父様にサプライズで行う場合

    「お父さん、お母さん、今まで本当に有難う。 お父さんの手で私の花嫁姿を完成させて欲しいと思って、 お父さんにクラウンをつけてもらい、ベールをかけてもらうことにしました。きっと前もってお願いしたら、嫌がるだろうから、今まで黙っていました。ごめんね。 今日、急にお願いしたのに引き受けてくれて、有難う。」

  5. 司会者様より
    「では、お進み下さい。」
  6. 新婦様とお父様はバージンロードを中央付近までゆっくりと歩きます
  7. 司会者様より
    「それでは、お母様(○○様)にクラウンをお運びいただきましょう。」
  8. お2人はストップし、同時にお母様(○○様)はクラウンを持ってお父様の所へ歩きます
  9. お父様はクラウンを受け取り、新婦様と向かい合います
    この時、司会様より 「お父さん、お母さん、有難う。 お父さんの大きな大きな手で 私を花嫁さんにしてください。」というコメントを入れていただくのも良いかと思います。
  10. お父様が戴冠しやすいように、新婦様はひざまづき、お父様は戴冠をします

  11. 引き続き、お父様は新婦様にベールをかけていただき、花嫁姿の完成になります
    この時、司会様より「今、世界一幸せな花嫁が完成いたしました。」というコメントを入れていただくのも良いかと思います。
  12. お母様(○○様)は、ベールをかけたことを見届け、先に席にお戻りいただきます
  13. お父様は新婦様に手を差し伸べ、新婦様はお父様のエスコートで立ち上がります

  14. 司会者様より
    「どうぞ、新郎様のところへ、お進み下さい。」
  15. 新婦様とお父様は新郎様のところへ歩きます
  16. 後は、牧師様の進行でお進め下さい
→シンデレラストーリーの商品一覧を見る

ご連絡ご注文・お問い合わせはこちらまで♪

ファーストシーン 株式会社

〒561-0801 大阪府豊中市曽根西町4-5-23

Tel 06-6846-3987  Fax 06-6846-5200

URL http://www.f-scene.com/  E-Mail info@f-scene.com

copyright © 2003-2017 ファーストシーン(株) All Rights Reserved.